おまとめローンは派遣や契約社員でも審査に通りますか?審査の内容は?

おまとめローンの手続きを円滑に進めるために必要となる書類や手続き方法を紹介します。

必ず必要となる書類としては本人確認書類があり主に運転免許証やパスポート、マイナンバーカードが該当します。

借入状況を証明する書類の有無については、ローンを組む金融機関によって異なるのですが消費者金融だと総量規制の例外貸付を適用する事になりますので必要です。

収入証明書はおまとめをする金融機関によって異なりますが消費者金融業者で50万円以上、銀行で100万円以上からの借り入れで求められることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票等が該当します。

特殊な書類ですのでおまとめローンの利用を検討している方は、早めに準備をしておきましょう。

おまとめローンなら利子を減らすことができるのが利点というのですが、これは、低い与信枠のカードローンを複数借入れしていることが原因です。

おまとめローンを組むことで利息が減らせるかどうかは申し込む前に金利の計算をして本当に得になるのかきちんと確認しておく必要があります。

おまとめローンのサービスがある金融機関ではホームページ上で返済シミュレーションが行えるようになっています。

現在、利用しているローン会社の金利や借入額を入力するだけでおまとめローン後の毎月の返済額や返済増額が瞬時に表示されますから簡単に比較することができます。

消費者金融よりも銀行のおまとめローンの方が銀行ごとの金利差が大きいので銀行でおまとめローンを検討している人は返済シミュレーションを利用して正確な金利を計算することが重要です。

おまとめローンに申し込んでみたところ審査に落ちたという人には何らかの原因があります。

その原因を究明しなければ、次の派遣の場合おまとめローン審査を受けても落ちてしまう可能性があります。

おまとめローンは年収、勤務先、勤続年数、借入件数、借入総額などが審査されこれらの条件に照らし合わせて問題が無ければ審査を通過することができます。

年収は多い方が有利に働きますが、審査のポイントになるのは借入総額とのバランスである程度の範囲に収まっていれば返済可能と判断されることが多いようです。

勤務先は公務員や大企業の社員だと評価が高く個人事業主やフリーター、派遣社員や契約社員、入社1年未満という人は低い評価になります。

個人信用情報というのは借入や返済状況を審査される項目でこれまでに自己破産や返済の遅延あった人、複数社から借り入れがある人は、審査が厳しくなります。

マイカーローンというのは5年から7年にわたる返済期間になりますので、ショッピングローンとしては長い方ですが自動車そのものが高額ですから毎月の返済額が高くなるのは避けられません。

その間に転職などで収入が減ってしまうと毎月のローンの負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたおまとめローンを組むということも考えなければいけないかもしれません。

銀行の提供しているおまとめローンであればそれも1つの方法といえますが消費者金融のおまとめは、マイカーローンの返済には使えないかもしれません。

なぜならば、消費者金融のおまとめローンというものは、「貸金業者」からの借金を1本化するためのものなので銀行から融資を受けて組んだマイカーローンは利用対象外になってしまうのです。

信販会社を利用して組んだマイカーローンのキャッシング枠だったら対象ですが通常のマイカーローンのようにショッピング枠ということでしたら、利用することはできません。

銀行系消費者金融のアコムにはおまとめローンに利用できる借換え専用ローンという商品名のキャッシングローンがあります。

総量規制の影響で消費者金融の融資は年収により上限がありますが利用者のメリットとなるおまとめや借り換えには例外貸付が適用されます。

例外貸付の条件は利用者に有利な貸付であることで貸金業からの返済にだけ利用することができます。

アコムの借換え専用ローンは融資上限が300万円ですが、貸付利率は7.7%~18.0%と高めの設定になっています。

借換え専用ローンで得た融資金は貸金業者への返済に限られておりクレジットカードのショッピング枠の返済に使う事はできません。

テレビCMでお馴染みのプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンというキャッシングローンがあります。

通常のカードローンとの大きな違いは総量規制の対象外であるということや新規の借入れができない返済専用のカードローンであることです。

6.3から17.8%と高めの金利設定になっていますが最短で即日融資が受けられ保証人も不要というカードローンのメリットは健在です。

銀行のおまとめローンよりも最大限度額が低めではありますが20歳から65歳以下で安定した収入がある人ならアルバイトでも申し込みができます。

借入金は既存の借入先へ代行して返済してくれるだけでなく代行手数料や完済金の振込手数、繰り上げ返済手数も無料なのでメリットは大きいです。

おまとめローンとは複数の借金を1つにまとめることで毎月支払う返済額や利息の負担を下げるという利点があります。

しかし、月々の利息を減らしたり返済金額を抑えることができても返済方法を見誤ると、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンを組んだとしても元本は減りませんから毎月の返済額を今より低く設定すると返済期間が長くなります。

返済期間が延びれば延びるほど支払う利息も比例して増えていきますので返済する総額は、おまとめする前より多くなることは避けられません。

又、消費者金融の場合は派遣社員のおまとめローンは返済型なので追加融資を受けることはできませんが銀行の派遣社員のおまとめローンはフリーローンが多いので、追加融資が受けられることから借入額が増えるリスクもはらんでいます。

引用:http://www.urbanwallflower.com/haken/haken-keiyaku.html/

おまとめローンというものはそうそう利用するものではありませんから利用を考えている大半の人が、知らないことだらけだと思います。

手続きの方法や必要な書類などはおまとめローンの商品を取り扱っている金融機関の「よくある質問コーナー」に答えが掲載されています。

借り入れの総額がどれくらいになったら、おまとめローンを検討したほうがよいかといった一般的な質問についてはインターネットで「おまとめローン よくある質問」と検索して情報サイトを探すのがいいでしょう。

情報サイトなら消費者金融と銀行のおまとめローンのメリット・デメリットも記載されていますし金利やサービス内容についても比較しているので金融機関のサイトでは得られない情報がゲットできます。

審査に通るコツや落ちる人の傾向など、初めてローンを組む人には大変有益な情報も多いのでおまとめローンの利用を検討している人は、是非検索してみてください。

おまとめローンは多重債務者が借入先を整理するために新しい借入先を見つけ既存の借入金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンというものは既存の金利よりも低金利のローンから借り入れて既存のローンを一括返済して新規ローンで返済していくということになるため、いわゆるローンの乗り換えということになります。

これらは金融上の定義づけはとしては異なるのですが、厳密に区別されることはなく借り換えローンというサービス名でおまとめローンを提供しているといった金融機関も多いです。

消費者金融は金利が高いことが多く、一方銀行は審査が厳しいというのが一般的ですがどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得かは目的によって変わるでしょう。

消費者金融のおまとめローンや借り換えローンは追加融資ができないのですが銀行はフリーローンが多く、通常のカードローンと同様に限度枠内なら何度でも借入や返済が可能なのです。

埼玉りそな銀行にはおまとめローン専用のサービスはありませんがおまとめローンにも使えるフリーローンがあります。

最高限度額は300万円と消費者金融と同じですが、金利は低く設定されており低金利な上に来店不要という点も魅力です。

銀行の融資なら総量規制は適用されませんし申し込み要件に年収制限はありませんから、パートでも申し込みが可能です。

申込条件には、日本に住んでいる人で安定継続した収入があり、満20歳以上から完済時年齢が満71歳未満という規定がありますが専業主婦の方は申し込むことができません。

りそな銀行には「プライベートローンJ」の上位にあたる「りそなプレミアムフリーローン」もありますが最低年収が400万円以上とハードルが高くなっています。

おまとめローンとは何件もの金融業者から借り入れている人が別の金融機関から新規に借り入れをして、既存のローンを完済するためのローンです。

複数の金融業者から借り入れをしているとバラバラな返済日なので残高の管理が困難です。

与信枠が低いと高い金利になり不利ですから何件ものローンを1本化した方が利息を抑えられるかもしれません。

でも、おまとめローンを利用したい人は多重債務者ですから審査に通りにくいということも事実です。

おまとめローンという商品を提供している金融機関もありますので専門の商品なら審査に通る確率は高いですね。

銀行で、おまとめローンという商品を取り扱っているところは少なく借り換えローンやフリーローンと言う名前の商品が多いです。

銀行は総量規制がないため銀行の与信枠内に収まる範囲であれば追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融は総量規制の特例貸付が適用されているので、返済専用のローンとなっています。

又、銀行のフリーローンは事業用資金以外は使い途に制限はありませんが消費者金融のおまとめは貸金業の返済だけにしか使用できません。

銀行のおまとめローンは、低金利で高額融資が特徴的ですが一方の消費者金融の派遣社員のおまとめローンは最大金利が18.0%、最大融資額は300万円ですから、銀行と比較すると見劣りするのは否めません。

ですが、消費者金融のおまとめローンならば比較的審査に通りやすいですし審査結果や融資までの時間が圧倒的に早いというメリットもあります。

複数の借入れがあってもおまとめローンを使えば1本化できるので月々の返済額を少なくしたり引き落とし日を集約できるメリットがあります。

おまとめローンにも一般のカードローンと同じ審査がありますが通常のカードローンよりも最大利用限度額が低く、最低金利は高い商品が多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利の違いは銀行カードローンは1.7から12.5%(じぶん銀行借り換えコース)ですが、消費者金融は7.70%から18.0%(アコム借換え専用ローン)となっています。

どちらの金融業者からおまとめローンを借りるとしても毎月の返済金額を下げるという事は返済期間が長くなるということです。

返済期間が長期化すれば加算される利息も多くなるので返ってトータルの返済金額は大きくなってしまいます。

住宅ローンで融資を受ける際にカードローン利用者は不利になるという話を聞きますが返済負担率さえ問題が無ければ、カードローンを利用していても不利になるとは限らないという意見もあります。

そうはいっても、お金に困っているからカードローンを利用しているのは明白ですから住宅ローンの審査までにカードローンを解約しておくことをおすすめします。

なお、多重債務者の場合はおまとめローンを利用して借金を1本化することが最優先です。

おまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンは不利になると思っている人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞納なく返済していればプラス評価になります。

それに加えて住宅ローン利用者は優遇金利となる場合がありますから優良顧客という自信がある人は同じ金融機関で住宅ローン審査を受けることをおすすめします。

多重債務を1本化できる派遣社員のおまとめローンはバラバラな返済日を一括管理することができます。

おまとめローンにはメリットが多いのですがデメリットもありますから、事前にシミュレーションすることが大切です。

通常のカードローン審査と同じようにおまとめローンにも審査がありますが、借入金額が大きいなどの要因で審査内容は厳しくなります。

毎月の返済額を少なくしたいという人は返済が長期化しますから、利息の総額は多くなるのは自覚しておくことです。

派遣で働いている場合月々の返済額が少なくなると気持ちに余裕が出てくる人もいるようで解約した業者から融資のお誘いを受けると、又、借りたいという誘惑に負けてしまう可能性があります。