外国為替特別会計とは?

外国為替特別会計とは、政府の行う外国為替や特別引出権、さらに大概支払の決済上必要な金銀地金の売買、これを円滑に行うための特別会計です。

歳入歳出を一般会計とは区分するために作られたもので、財務大臣が管理しています。

これだけだと、いったい何のことを指しているのか分かりにくいという方もいることでしょう。

投資用語なのである程度の知識がなければ分かりにくいのは仕方のないことですが、簡単にいうと「政府の外貨取引の実態を管理しているもの」です。

急激な円高や円安は、さまざまな分野に影響をおよぼしてしまいます。

それを防ぐために、外国為替特別会計は為替市場に介入してくるのです。

急激な円高が見られたら、政府や日銀が持っている円を大量に売ることで円高を抑え、円安が進んだら外貨を大量に売ります。

日本という国の経済を安定させるための措置で、利益を上げることを目的としていないものですが、この流れはFX取引とそう変わりません。

しかし取引をしている以上、政府の意志に関係なく損益が出てしまいます。

その損益を管理している機関が、外国為替特別会計ということになるのです。

外国為替特別会計が動いている時は、円の価値が大きく変動している時です。

そういう時にこそ大きく儲けるチャンスがと思う時もありますが、その状態が長続きすると大変な状態になってしまう可能性の方が大きくなります。

日本の経済状態を守るために、外国為替特別会計はバランス調整をしているのです。