おまとめローンはどこがいいの?低金利で通りやすい銀行はここ!

ページの先頭へ
トップページ > 銀行では、おまとめローンという名前の商

銀行では、おまとめローンという名前の商

銀行では、おまとめローンという名前の商品よりも借り換えローンやフリーローンというサービスのほうが一般的です。

銀行は総量規制という上限がないので銀行の与信枠内なら追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融は総量規制の特例貸付になりますので、返済専用となります。

銀行のフリーローンは事業用資金以外は使途に制限はかかりませんが消費者金融のおまとめローンは貸金業の返済だけに限定されています。

銀行のおまとめは消費者金融と比べた場合、低金利で高額融資なのですが消費者金融の場合、最大金利が18.0%、最大融資額は300万円となり銀行よりも条件は悪いです。

ですが、消費者金融のおまとめローンならば比較的審査に通りやすいですし審査結果や融資までの時間が早いので、銀行にはないメリットもたくさんあると言えます。

マイカーローンの返済期間は平均5年から7年となりますのでショッピングローンとしては長い方ですが自動車自体が高額商品なので毎月の返済額が高くなるのは避けられません。

マイカーローンの返済中に給与が減ってしまうと毎月の負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたおまとめローンを組むという選択が出てくるかもしれません。

銀行のおまとめローンならその発想も有効なのですが消費者金融のおまとめローンは、マイカーローンの返済に使えない可能性があります。

と言うのも、消費者金融のおまとめローンというものは貸金業者からの借入れ金を1つにまとめるものなので銀行から融資を受けて組んだマイカーローンは利用対象外になってしまうのです。

信販会社で融資を受けたマイカーローンでキャッシング枠ということでしたら対象になりますがショッピング枠でマイカーローンを組んだ場合は利用することはできません。

おまとめローンに申し込んでみたものの審査に落ちたという人はいませんか?その原因を判明しない限り、次のおまとめローン審査を受けても審査に落ちる可能性が大きいです。

審査項目には年収をはじめ、勤務先や勤続年数、借入件数などがあり、これらの条件に照らし合わせて問題が無ければ審査を通過することができます。

年収は多い方が有利ですが、肝心なことは借入総額とのバランスで借り入れ希望額が年収のうちある程度の割合で収まっているようであれば返済可能と判断されることが多いようです。

勤務先は公務員や大企業の社員だと評価が高く個人事業主の方や入社1年未満という方は評価は低いです。

個人信用情報は過去および現在の借り入れ状況を審査される項目でこれまでに自己破産や返済の遅延あった人、複数社から借り入れがある人は、審査が厳しくなります。

おまとめローンというローンは頻繁に利用するローンではありませんから利用を考えている多くの人が、わからないことだらけに頭を悩ませていることかと思います。

手続きの方法をはじめ、メリットやデメリットなどといった疑問は金融機関のHP上にある「よくある質問コーナー」に回答があります。

借金がいくらになったら、おまとめローンを考えたほうがよいかといった一般的な質問についてはインターネットで「おまとめローン よくある質問」と検索して探してみましょう。

情報サイトには消費者金融と銀行のおまとめローンのメリット・デメリットもわかりやすく記載されていますし金利やサービス内容についても比較しているので金融機関のサイトでは得られない情報がゲットできます。

審査に通るコツやポイント、通らない人の傾向など有益な情報が多いのでおまとめローンを利用するなら、必ずチェックしておきましょう。

おまとめローンの手続きをテンポよく進めるために必要となる書類や手続き方法を紹介します。

必ず必要となる書類として本人確認書類というものがあり運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類ということになります。

借入状況を証明する書類の有無については、ローンを組む金融機関によって異なるのですが消費者金融でおまとめローンを組む際には総量規制の例外貸付を適用する事になりますから必要です。

収入証明書は借り入れを希望する金融機関によって異なるのですが消費者金融で50万円以上、銀行で100万円以上融資を希望する場合で必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票や納税証明書など特殊な書類ですのでおまとめローンの利用を検討しているのであれば早めに用意する手続きをとっておきましょう。

おまとめローンは多重債務者を救済する商品ですが借入件数が多すぎる審査に通らないことがあります。

借入件数が5社になるとほとんどアウトですがアウトな人でも審査に通る策が無いか考えてみましょう。

第一に行うべきことは、これまでの返済状況の確認と金融業者と借入残高の確認です。

審査を有利に進めるには1件でも借入先を減らした方がいいですから利用可能額をかき集めて返済できるローンを完済してしまいましょう。

審査では借入件数よりも過去の返済状況ですから事故さえなければ返済能力に問題ないとみなされ、審査通過の可能性がでてきます。

おまとめローンなら利子を減らすことができるのが利点というのですが、これは、低い与信枠のカードローンを複数借入れしているためです。

しかし、おまとめローンを組むことで本当に利息が減るのかどうかは申し込む前にきちんと金利の計算をして確認しておく必要があります。

おまとめローンのサービスがある金融機関ではホームページ上で返済シミュレーションが行えるようになっています。

現在の借金額や金利を入力するだけでおまとめローンを組んだ後の毎月の返済額などが瞬時に表示されますので、比較も簡単です。

消費者金融のおまとめローンよりも銀行の方が銀行ごとの金利差が大きいので銀行のおまとめローンを検討している人は、まずは返済シミュレーションで正確な金利を計算しましょう。

おまとめローンとは複数で借り入れたものを1つにまとめることができるローンで複数社に返済することでバラバラだった返済日を1日にまとめることができますし、月々の返済額を低くすることができます。

毎月の返済額が少なくなることで経済的な負担が軽くなるというメリットがあるのですがおまとめローンを利用しても返済する元本は変わりませんので返済期間が延びる事になります。

返済期間が長引けば、長くなった分だけ金利が発生するということになりますので返済する総額はおまとめローンを組む前より増えることになります。

一方で、借入限度枠が大きい人ほど適用金利が低くなりますからおまとめローンを組んだ際に、高い与信限度額で無事承認されれば、現在よりもずっと低金利で融資を受けられることになります。

そのため、おまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションすれば返済総額を増やさなくても、毎月の楽な返済を実現できるのです。

おまとめローンを利用することで毎月の返済額を抑えたり引き落とし日を管理しやすくできるメリットがあります。

おまとめローンも一般のカードローンと同様に与信審査がありますが通常のカードローンよりも最低金利が高く、限度額が低いことが多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を比較すると銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は6.3%から17.8%(プロミスおまとめローン)となっています。

いずれの金融機関からおまとめローンを借りるにしても月々の返済額を抑えるということは返済期間が長くなるという事です。

返済期間の長期化は発生する利息を増加させますので返ってトータルの返済金額は大きくなってしまいます。

三井住友銀行グループのプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンと呼ばれるキャッシングサービスがあります。

通常のカードローンとの大きな違いは総量規制の対象外であるということや返済だけしかできないカードローンだということです。

最低金利が高めに設定されており6.3から17.8%となっていますが消費者金融ならではのフットワークの良さは健在です。

最大限度額が300万円なので全ての借入れをまとめることができないかもしれませんがパ―トやアルバイトでも20歳から65歳以下の人で安定した収入があれば申し込むことができます。

現在の借入先に返済の振り込みをしてくれるだけでなく代行手数料や振込手数料、更には繰り上げ返済手数料も無料になるメリットがあります。

Copyright (c) 2018 おまとめローンはどこがいいの?低金利で通りやすい銀行はここ! All rights reserved.