おまとめローンはどこがいいの?低金利で通りやすい銀行はここ!

ページの先頭へ
トップページ > おまとめローンとは複数で借り入れたものを1つにま

おまとめローンとは複数で借り入れたものを1つにま

おまとめローンとは複数で借り入れたものを1つにまとめることができるローンで毎月バラバラだった返済日を1日にまとめたり、月々の返済額を低く設定し直すことができます。

毎月の返済額を減れば経済的な負担が軽くなるというメリットがありますがおまとめローンを利用しても返済する元本は変わりませんので返済期間が延びる事になります。

返済期間が長期化することによって、その分金利も発生しますから返済する総額はおまとめする前と比較すると、増えることになるでしょう。

一方で、金融業界の常識として借入限度枠が大きいほど適用金利が低くなりますからおまとめローンで高い与信限度額が承認されれば、現在よりも低金利で借り入れられることになります。

そのため、おまとめローンでどれくらい金利を抑えられるのかということをきちんとシミュレーションしておけば支払総額を増やさなくても、毎月の返済を楽にできます。

テレビCMでお馴染みのプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンというキャッシングサービスがあります。

消費者金融のカードローンとの大きな違いは総量規制の対象外であることや返済だけしかできないカードローンだということです。

金利は6.3%から17.8%なので少々高めではありますが、最短で即日融資が受けられ保証人も不要というカードローンのメリットは健在です。

最大限度額が300万円なので全ての借入れをまとめることができないかもしれませんが申込資格は20歳から65歳以下で安定継続した収入がある人だけなので勤務形態の規制はありません。

既存の借入先への返済を代行してくれるだけでなく振込手数料や代行手数料、繰り上げ返済手数料などは一切かかりません。

複数の金融業者から借り入れがあると借入残高を管理するだけでも一苦労ですね。

あちこちから借入れしている人は借りられる金額が低いために複数の業者から借り入れることになったのでしょう。

金利の設定は与信限度額が高いほど低くなりますから金融機関は1社にまとめたほうが効率的です。

しかし、多重債務者は金融機関では歓迎されないので借金の全てを完済できる金額を借り入れるのにはハードルが高すぎます。

しかし、おまとめローンは多重債務者の負担を軽減するための商品なので前向きに検討することをおすすめします。

おまとめローンを利用すれば利息を現状より減らすことができると言われている理由があるのですが、これは、低い与信枠のカードローンを複数借入れしているためです。

おまとめローンを組むことで利息が減らせるかどうかは申し込む前にきちんと金利の計算をして確認しておく必要があります。

おまとめローンをやっている金融機関の多くは自社のホームページに返済シミュレーション設置している所が大半です。

現在、借入している金融機関の金利や借入額を入力するだけでおまとめローンにした後の毎月の金利や返済額が即座に表示されるので簡単に比較できます。

消費者金融と比べて銀行のおまとめローンの方が銀行ごとの金利差が大きいので銀行のおまとめローンを検討している人は返済シミュレーションで正確な金利計算をすることが大切です。

おまとめローンというローンは頻繁に利用するローンではありませんから利用を考えている多くの人が、わからないことだらけに頭を悩ませていることかと思います。

手続きの方法や必要な書類などは金融機関のHP上にある「よくある質問コーナー」に回答があります。

おまとめローンを検討するべきか否かなどといった一般的な質問についてはインターネットで「おまとめローン よくある質問」と検索して情報サイトを探すのがいいでしょう。

情報サイトには消費者金融と銀行のおまとめローンのメリット・デメリットもわかりやすく記載されていますしサービス内容の比較もあるので、初めて利用する方には非常に便利だと言えます。

審査に通るコツや落ちる人の傾向など、初めてローンを組む人には大変有益な情報も多いのでおまとめローンを利用するなら、必ずチェックしておきましょう。

おまとめローンは多重債務者の負担を軽減する商品ですが借入件数が多すぎる審査に通らないことがあります。

借入件数は4社ならギリギリなんとかセーフと言われていますがアウトな人の救済策を考えてみましょう。

真っ先に行う事は、これまでの返済状況の確認と借りている金融業者名と残高の確認です。

1社でも完済できれば借入件数は減らすことができますから利用可能額をかき集めて返済できるローンを完済してしまいましょう。

借入件数が多い人でも遅延や滞納などのトラブルがなければ返済に支障はないと判断されて審査を通過するケースも多いようです。

おまとめローンとはいくつもの金融業者から借り入れをしている人が既に借り入れているローンを一括返済するために新たに借り入れるためのローンです。

何件もの金融機関からお金を借りていると返済日がバラバラで銀行の残高管理が大変です。

与信枠が低いと高い金利になり不利ですから複数の借入れを1本化した方が利率を下げられるかもしれません。

しかし、おまとめローン利用者は多重債務者なので審査が不利になったり、厳しくなる事があります。

金融業者にはおまとめローンを用意しているところもありますので専門の商品なら多重債務者でも歓迎してくれると思います。

埼玉りそな銀行にはおまとめローンや借り換えローンがありませんがおまとめローンにも使えるフリーローンがあります。

最高限度額は300万円と消費者金融と同じですが、金利は低く設定されており低金利な上に来店不要という点も魅力です。

銀行の融資なら総量規制は適用されませんし最低年収などのハードルもありませんから、アルバイトでも申し込むことが可能です。

満20歳以上で完済時の年齢が満71歳未満、安定継続した収入がある日本に在住している人なら申込はできますが過去の返済状況によっては落とされる可能性があります。

りそな銀行のフリーローンにはワンランク上の「りそなプレミアムフリーローン」もありますが前年の源泉徴収票などの収入を証明する書類が必要になります。

マイカーローンの返済期間は平均5年から7年とされていますのでショッピングローンとしては長い期間といえますが自動車そのものが高額ですから毎月の返済額が高くなるのは避けられません。

マイカーローンの返済中に給与が減ってしまうと毎月の負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたおまとめローンを検討するという可能性が出てくるかもしれません。

銀行の提供しているおまとめローンならその発想もアリなのですが消費者金融は、マイカーローンのおまとめはできないかもしれません。

なぜならば、消費者金融のおまとめローンというものは、「貸金業者」からの借金を1本化するためのものなので銀行から融資を受けて組んだマイカーローンは利用対象外になってしまうのです。

信販会社で組んだマイカーローンもキャッシング枠であれば対象となりますが通常のマイカーローンのようにショッピング枠で購入したのであれば利用することはできません。

消費者金融大手のアコムにはおまとめローンに使える借換え専用ローンという商品名のキャッシングローンがあります。

総量規制の影響で消費者金融の融資は年収により上限がありますがおまとめローンのように利用者のメリットが明確な場合は例外貸付が適用されます。

総量規制が適用されない例外貸付とは借り換えを含めた総額で年収の1/3を超えてもローンが認められるというものです。

借換え専用ローンは融資上限が300万円と通常よりも低めですが一般向けカードローンよりも最低金利は高くなっています。

借り入れた資金の使い道は貸金業者への返済に限られておりクレジットカードのショッピング枠の返済に使う事はできません。

Copyright (c) 2018 おまとめローンはどこがいいの?低金利で通りやすい銀行はここ! All rights reserved.