おまとめローンはどこがいいの?低金利で通りやすい銀行はここ!

ページの先頭へ
トップページ > 銀行では、おまとめローンという名前の商

銀行では、おまとめローンという名前の商

銀行では、おまとめローンという名前の商品よりも借り換えローンやフリーローンと言う名前の商品が多いです。

銀行には総量規制がないので与信枠内であれば追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融は総量規制の特例貸付になりますので、返済専用となります。

又、銀行のフリーローンは事業用資金以外は使い途に制限はありませんが消費者金融の場合、貸金業の返済のみに限定されています。

銀行のおまとめは消費者金融と比べた場合、低金利で高額融資なのですが消費者金融のおまとめローンは最大金利が18.0%、最大融資額は300万円と銀行よりも見劣りするスペックです。

しかし、消費者金融のおまとめローンは銀行よりも審査に通りやすく審査結果や融資までの時間が銀行よりも早いというメリットもあります。

複数の借入れがあってもおまとめローンを使えば1本化できるので月々の返済額を少なくしたり引き落とし日を集約できるメリットがあります。

おまとめローンにも与信審査がありますが多重債務者が対象なので、通常のカードローンよりも審査が厳しく貸付金利が高いことが多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を比較すると銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は6.3%から17.8%(プロミスおまとめローン)となっています。

どちらの金融業者のおまとめローンを利用するにしても月々の返済を減額した場合は、返済期間が長期化することを忘れてはいけません。

返済期間が長期化すれば加算される利息も多くなるので返済総額はおまとめローンを組む前よりも大きくなることを忘れないで下さい。

おまとめローンは複数の借入れ先を1つにまとめるためのローンで複数社に返済することで毎月バラバラだった返済日を1日にまとめたり、月々の返済額を見直すことができます。

毎月の返済額が少なくなることで経済的な負担が軽くなるというメリットがあるのですがおまとめローンを組んでも返済する元本はかわらないので返済期間が長くなる事になります。

返済期間が長期化すれば、長くなった分だけ金利は発生しますから返済する総額は、おまとめローンを組む前より増えてしまうことは否めません。

一方で、金融業界の常識として与信限度枠が高い人ほど適用金利が低くなりますからおまとめローンで高い与信限度額が通れば、低金利で融資を受けられることになります。

おまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションしておくことで支払総額を増やすことなく、毎月の楽な返済が可能になるのです。

おまとめローンは多重債務者を救済する商品ですが利用件数が多すぎると審査に落ちてしまいます。

借入件数は4社ならギリギリなんとかセーフと言われていますが審査落ち確実な人でも通る策が無いかを考えてみましょう。

最優先で行うべきことは現在までの返済状況の確認と金融業者と借入残高の確認です。

1社でも完済できれば借入件数は減らすことができますから与信限度枠内でやりくりして完済できるローンは解約しましょう。

審査で重要視されるのは金融事故歴ですから、それがなければ返済能力があると判断されて審査を通過するケースも多いです。

おまとめローンに申し込んだ結果審査に落ちた場合その原因が明らかにならない限り、次のおまとめローン審査を受けても落ちてしまう可能性は否めません。

おまとめローンの審査項目には年収、勤務先、勤続年数、借入件数、借入総額、個人信用情報などがあり、これらの条件が問題が無ければ審査をクリアすることができます。

年収は多い方がもちろん有利となりますが、肝心なことは借入総額とのバランスである程度の範囲に収まっていれば返済可能と判断されることが多いようです。

勤務先は公務員が評価が高く、勤続年数については長いほど評価が高くなり個人事業主の方や入社1年未満という方は評価は低いです。

個人信用情報は借り入れや返済状況を照会して審査される項目で過去に自己破産をしていたり、返済の遅延、あるいは滞納があった人は、審査を通るのは難しいかもしれません。

おまとめローンとは複数社から借り入れている借金を1本化することによって毎月の返済額や利息の負担を軽くできるというメリットがあります。

しかし、月々の利息を減らしたり返済金額を抑えることができても自分に合った返済方法でなければ、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンを組めたとしても元本は変わりませんので月々の返済額を今より低くすると返済期間は長くなってしまいます。

返済期間が長くなれば支払う利息も増えますので返済する総額は、おまとめする前より多くなることは避けられません。

又、消費者金融のおまとめローンは追加融資を受けることはできませんが銀行のおまとめローンにはフリーローンが多いので、追加融資をしてモラルことがあるのですが、一方で借入額が増えてしまうといったリスクも含んでいます。

おまとめローンとは複数の金融業者から借り入れをしている人が新たな金融機関から借入れをして、既存のローンをすべて完済するためのローンです。

いくつもの金融業者から借入れをしていると返済日が何度もあるので残高の管理が困難です。

利息面でも低い与信額の方が利率が高くて不利になるので複数の借入れを1本化した方が利率を下げられるかもしれません。

しかし、おまとめローン利用者は多重債務者なので審査の目が厳しくなったり、通らないことも考えられます。

おまとめローンという商品を提供している金融業者もありますので専門の商品なら審査に通る確率は高いですね。

おまとめローンは頻繁に利用するものではありませんから利用を考えている多くの人が、わからないことだらけに頭を悩ませていることかと思います。

手続きの方法をはじめ、メリットやデメリットなどといった疑問はおまとめローンを提供している金融機関の「よくある質問コーナー」に回答があります。

借り入れの総額がどれくらいになったら、おまとめローンを検討したほうがよいかといった一般的な質問については「おまとめローン よくある質問」と検索し、情報サイトから調べましょう。

情報サイトには消費者金融と銀行のおまとめローンのメリット・デメリットもわかりやすく記載されていますし金利やサービス内容なども比較されているので、非常に分かりやすいです。

審査に通るコツや、落ちてしまう人の傾向など有益な情報も多いのでおまとめローンの利用を考えている人は、必ず目を通すことをおすすめします。

三菱UFJフィナンシャルグループのアコムにはおまとめローンとして使える借換え専用ローンと言う、ややこしい名前のローンがあります。

消費者金融などの貸金業は総量規制が適用されますが借り換えローンの場合は例外貸付という特別措置が適用されます。

総量規制が適用されない例外貸付とは新規借り入れ分を含めた借入総額が年収の1/3を超えても融資が認められるというものです。

通常のカードローンは上限800万円なので借換え専用ローンの300万円は低めの設定ですが貸付利率は7.7%〜18.0%と高めの設定になっています。

借換え専用ローンで得た融資金は貸金業者への返済に限られておりショッピングローンの返済には使う事ができません。

おまとめローンなら利子を減らすことができるのが利点というのですが、これは、限度額の少ないカードローンを複数社より借入れしていることが原因です。

おまとめローンで本当に利息が少なくなるかどうかは申し込む前に自ら金利の計算をして確認しておくことが大切です。

おまとめローンのサービスを提供している金融機関ではホームページに返済シミュレーションができるようになっています。

利用中のローン会社の金利や借入額を入力するだけでおまとめローンにした後の毎月の金利や返済額が即座に表示されるので簡単に比較できます。

消費者金融よりも銀行ごとの金利差のほうが大きいので銀行でおまとめローンを検討している人は返済シミュレーションを利用して正確な金利を計算することが重要です。

Copyright (c) 2018 おまとめローンはどこがいいの?低金利で通りやすい銀行はここ! All rights reserved.