女性の転職状況

社会人になったら定年までずっと働き続ける男性と比べて、女性の場合には結婚や出産、育児など、社会人としての仕事をはなれる期間が発生する方も少なくありません。

また、スキルや経験などがあまり重要視されない一般職などの場合には結婚退職する年齢も若かったりするため、転職自体が難しい場合も多いようです。

そのため、女性の転職は、仕事を辞めてしまう前に転職先を見つけることがとても大切なようです。

現在「総合職」として仕事をしていて転職を考える場合には、男性の場合と条件は同じです。

キャリアアップとして同じ業界内での転職をする場合には、それまでの経験やスキルなどがとても大切です。

異業種への転職なら20代のうちなら成功する確率も高いのですが、年齢が上がるとともに確率も低くなってしまいます。

「一般職」「事務職」として仕事をしていた場合、キャリアを求めて転職するためには、受け入れてくれる企業を探さなければいけません。

これは企業側が提出する求人募集の中でも、一般事務職に対する求人募集は年齢制限が設けられている事も多く、多くの場合には30歳未満までしか受け入れられていないようです。

一般事務職として転職をしたい場合には、資格を取得しておくことが転職を成功させる秘訣でもあります。

例えば、それまで秘書や経理などの仕事をしていた方は、転職を考えた時には資格を取得しておくことをおススメします。

また、パソコンスキルもパソコン検定などを受検して、履歴書に資格として記載するのも良いでしょう。