キャリアカウンセラー資格取得方法

職場での適材適所を一人一人にアドバイスをしたり、失業者やニート、派遣社員などを多く持つ企業などでの正社員との軋轢などをしっかり受け止めて問題解決に向けてしっかりカウンセリングを行うのがキャリアカウンセラーの仕事です。

このほかにも、就職希望者の適性などを見極めて職種のアドバイスをしたりキャリアアップのための資格を紹介することなども行います。

国家資格などの縛りではありませんが、厚生労働省がキャリアコンサルタントを養成するための支援奨励を行っていますので、厚生労働省が指定する試験機関での教育を受けられることが望ましいでしょう。

キャリアカウンセラーの資格を取得するためには、一番は通学制での勉強をすることです。

各試験機関で研修を行うこともありますし、各種学校で専門養成講座を開講していることもありますので情報収集をされるとよいでしょう。

資格を受けるためには講座を規定通り修了し、試験に合格しなければならない場合や、修了と同時に付与されるものなど各機関によって違いますので、事前に情報収集をお勧めします。

また通信講座でもキャリアカウンセラーの資格を取得することができます。

資格試験を受験するためには、通信教育修了後にセミナーに通える方などの縛りがありますが、資格を取得するための時間ですので考慮されることをお勧めします。

キャリアカウンセラーは特に人事や労務等に携わる方や、進路指導に当たる教員・社員教育を担当される方などにお勧めの資格です。

各々の個性を尊重した仕事を見出したり、適性を見極めることができるスペシャリストともいわれています。

これからの職場や進路指導の場面ではなくてはならない存在になること間違いありませんので、このチャンスにキャリアカウンセラーの資格を取得されることをお勧めします。