ブーツ臭の原因は?

冬のオシャレには必須アイテムであるブーツですが、やはりブーツ臭というのは非常に気になる問題ではないでしょうか。

「ブーツ臭が気になるから座敷タイプの居酒屋には行きたくない」「人前でブーツは脱げない」という悩みも非常に深刻な問題です。

ブーツ臭の原因を知り対策を考え、この冬ブーツ臭を乗り切ってみましょう!!ブーツ臭といいますが実際、“ブーツ臭はブーツの匂いではありません!!”まあ、当然と言えば当然ですが、新品のブーツではブーツ臭が無い事からも実感できるのではないでしょうか。

では一体ブーツ臭は何が原因なのでしょうか?使ったブーツが臭うということから考えれば、答えは簡単ですね。

そう、ブーツ臭の原因は“汗”と“菌”です。

ブーツはパンプスやスニーカーなどと異なり、覆われている部分も多く“汗が乾き難い”事が災いしています。

さらに、乾き難いブーツの中は湿度の高い状況となり、菌が繁殖しやすく菌の繁殖によって臭いが生じてしまうのです。

ブーツ臭を消す為には「汗→菌の繁殖→臭いの発生」という原因を絶つ必要があります。

最も簡単な方法が2足以上のブーツを毎日履き替え“最低1日は乾燥を行う”という方法です。

臭いの原因の汗と菌は乾燥によって対処できる事からブーツは乾燥させるという週間で臭いの発生を抑える事が可能なのです。

ブーツ臭で台無しにする前に!消臭対策を日課に